下記の呼びかけ文、趣意書に賛同していただける方は、下記に入力して「賛同する」をクリックしてください。お名前の公表の可否(〇または×)は必ず入力してください。公表をご了解いただいた方は、賛同者リストにお名前を掲載させていただきます。

今こそ9条の理念で地球平和憲章を

─ 非戦・非武装・非核・非暴力の世界をめざして ─

                              9条地球憲章の会

詳しくは趣意書をお読みください

⼈類の最⼤の夢。
それは世界から戦争をなくすことです。
⼆つの世界⼤戦とその後の冷戦によって戦争の世紀といわれた 20 世紀が終わり、21 世
紀はついに平和の世紀になるかと思われましたが、つかの間の夢でした。
9.11 テロを機とした⽶国によるアフガニスタン、イラク侵略戦争は泥沼化し、ISなど
のイスラム過激派の無差別テロはかえって増⼤しました。
東アジアでは、⻑年にわたる⽶国の核の脅しに対抗して、北朝鮮の核武装が加速し、今や
偶発的な核戦争の勃発の危険さえ⽣れてしまいました。
しかし、いや、だからこそ、世界中の⼈びとの中に改めて戦争に反対し、恒久的な平和を
望む切実な声が⽣まれ、広がっています。
そのなかで、アジア太平洋戦争への深い反省に基づき、⽇本国⺠が政府に恒久的な⾮戦・
⾮武装を命じ、同時にそれを世界中の⼈びとに約束した⽇本の憲法9条とその理念に、新た
に共感し、賛同する⼈びとが世界中に増えているのです。
第⼆次⼤戦直後、画期的な9条を持つ憲法を制定した⽇本の政府とそれを歓迎した⽶国
の政府は、⽶ソ冷戦の開始と激化にともなって⼀転してそれを問題視するようになりまし
た。その後の⽇⽶軍事同盟の締結とその強化により、9条は絶え間ない侵⾷と破壊の危険に
さらされ続けてきたのです。しかし、曲がりなりにも9条の決定的な改憲を許さなかったの
は、平和を愛する⽇本の私たちの⻑年にわたる抵抗でした。
その抵抗の歴史を受け継ぎ、私たちはこれからもなんとしても9条を護り抜き、さらに世
界中の平和を愛する⼈びとと⼿を取り合い、知恵と⼒を合わせて世界から戦争をなくすと
いう⼈類の夢の実現をめざしたいと決意しています。
そのために、私たちは広く内外の平和を愛する⼈びとに呼びかけます。
今こそ、⾮戦・⾮武装・⾮核・非暴力の世界をめざし、「平和への権利」「核兵器禁⽌条約」実現の国
際的な運動とも連帯して、9条の理念で地球平和憲章をつくるというグローバルで壮⼤な
運動を共に始めましょう。