2019年11月14日(木)午後6時〜8時40分 

第16 回研究会 横湯園子さん講演

「あらためて戦争神経症について考える」

地球平和憲章(案)では「戦争は人を狂わせます。

人間性を奪うものです。」と訴えています。戦争に投じられた兵士

たちの心がいかに無惨な壊れ方をするのか、いかにその回復が困難

であるか、臨床心理学の立場から膨大な実例を踏まえ、戦争の

非人間性を厳しく告発します 

【参考文献】

ジュデイス・ハーマン『心的外傷と回復』(みすず書房)
加藤清『この世とあの世の風通し 精神科医 加藤清は語る』(春秋社)

エイブラム・カーデイナー『戦争ストレスと神経症』(みすず書房)
ハリス『海を渡るジュリア』(岩波書店)

【​ビデオ】「隠された日本兵のトラウマ〜陸軍病院8002人の病症日誌〜

https://www.dailymotion.com/video/x6xtupf

Sonoko YOKOYU

横湯園子

 

横湯園子 専門は教育臨床心理学(clinical educational psychology )

      臨床心理士 (clinical  psychotherapist)
1939年生まれ 日本社会事業大学 社会福祉学部卒
        国立国府台病院児童精神科病棟児対象の治療的教育の場

        の教師を15年間勤務する。
1965年 国立病院内の児童精神科病棟に、日本で初めて、

        学校恐怖症児童=現在の不登校児・生徒の教育を保障する

        院内学級が設置。

1970年から勤務し、最後の年、東京大学教育学部に都道府県派遣研究生

        として研究をまとめる。
 『登校拒否 専門機関での援助と指導の記録』(あゆみ出版)に続き、

 『登校拒否 新なる旅立ち』(新日本出版社)としてまとめる。
  千葉県市川市市教育センターの指導主事、

  国立精神神経センター・児童思春期部客員研究員を経て、大学に身を移す。
  女子美術大学助教授、北海道大学教授、中央大学教授を務め、

  2010年3月定年退職。
  北海道大学教育学部に新学問領域である教育臨床講座が設置.

      教育臨床心理学の確立に努める。

  『教育臨床心理学』(東京大学出版会)

  『ひきこもりからの出発』(岩波書店)

  『魂への旅路』(岩波書店)
  中央大学においては教育臨床に関わる事柄をまとめ、専門家・研究者養成

  に努める。
  退職後も、求めに応じて困難事例のカウンセリング、治療、研修に関わって

  いる。
  社会的には
 ・子どもの権利条約 市民・NGO報告書をつくる会共同代表

 (Assoc. of Citizens  &  NGOs for Alternative

  Report UN.CRC Co-President)
 ・横湯園子教育臨床心理研究所
 ・「女の平和」発起人、世話人代表

どなたでも参加出来ます。申し込みは不要です。

参加費は資料代として500円です。​(ただしこのホームページは、

はじめからの設定で「参加申し込み」のボタンがあります。このボタンから

申し込みをしてただきますと会が間近になるとリマインダーが送られます。 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

​1

​2019年6月8日 懇親会

 

<初めて参加される方、久しぶりに参加される方のための基礎知識>

いくつかの研究会・イベントでの講演やコメントの動画、また著作などの紹介をします。これまでの経緯を参考にしてみてください。「過去のイベント・研究会」「資料室2」など もご参照ください。

発足記者会見 2017年3月15日  

第1回研究会「平和への権利への取り組みから学ぶ」「『平和への権利』と日本国憲法9条:『平和への権利』の国際キャンペーンから」笹本潤(弁護士 

​2016年に採択された平和に対する権利に関する国連総会決議に焦点を当て、同決議採択に至るまで市民運動に関わってこられた経緯について、「『平和への権利』と日本国憲法9条:『平和への権利』の国際キャンペーンから」と題してお話いただきました。

第2回研究会「米国1920年代の戦争違法化(Outlawry of war) 運動の思想と運動に学ぶ」

河上暁弘さんが 著書『日本国憲法第9条成立の思想的淵源の研究〜「戦争非合法化」論と日本国憲法の平和主義』(専修大学出版局)を参考にして「戦争非合法化」の思想とは、侵略・自衛・制裁のいずれを問わず、あらゆる戦争の非合法化をし、戦争の廃絶を実現しようとしていた米国の1920年代の運動の思想について講演されました。

2017年9月4日河上暁弘さん報告は現在文字おこしの準備中です。少々お待ち下さい。

​け・ん・ぽ・う9条 

発足記念シンポジウム2017年5月13日

平和のと〜りで

第4回研究会  ​2017年7月に採択され9月に署名が開始された核兵器禁止条約の概要とこれを

   実現した人道的アプローチを紹介し、その可能性と限界を考えた

憲法講演会2018年5月27日「武力で平和はつくれない」9条は日本と世界の宝 」

歌「願い」

願い〜かな〜うまで 

   や〜めない

​     だろ〜〜♬

  ♪

目良さん.jpg

第7回研究会「安倍 9 条改憲の危険性と東北アジア非核化の課題」山内敏弘さん(憲法学)

第8回研究会 浦田賢治さん(憲法学) 

第9回研究会「韓国ツアーに参加して」笹本潤さん、阿部信行さん、堀尾輝久さん  

「朝鮮半島の平和実現への模索と日本の関わり〜今こそ韓国の平和運動から学ぼう、日本の憲法9条加憲論   の危険と朝鮮半島の平和プロセス」

第10回研究会 和田春樹 さん(憲法学)

第12回研究会 川崎哲さん「核兵器禁止条約と憲法9条〜

​        グローバル市民平和運動の視点から 」

参考文献

​日本国憲法は日本のものでもあるが、9条の先駆性からすれば世界のもの、不戦の誓いという歴史性を考えればアジアのものと言える。アジア、とくに韓国では9条をめぐる時事的なことについてどう考えられているのか。アジアにおける日本国憲法の意義について論じる。 

アジアの中の中の日本国憲法.jpg

簡単な言葉で平和を語る教育用動画の紹介