2019年11月14日(木)午後6時〜8時40分 第16回研究会横湯園子さん講演

題目「あらためて戦争神経症について考える」 地球平和憲章(案)では「戦争は人を狂わせます。人間性を奪うものです。」と訴えています。戦争に投じられた兵士たちの心がいかに無惨な壊れ方をするのか、いかにその回復が困難であるか、臨床心理学の立場から膨大な実例を踏まえ、戦争の非人間性を厳しく告発します  ジュデイス・ハーマン『心的外傷と回復』(みすず書房) 加藤清『この世とあの世の風通し 精神科医 加藤清は語る』(春秋社) エイブラム・カーデイナー『戦争ストレスと神経症』(みすず書房) ハリス『海を渡るジュリア』(岩波書店)
お申し込みの受付は終了しました。
2019年11月14日(木)午後6時〜8時40分 第16回研究会横湯園子さん講演

日時・場所

14 Nov 2019, 6:00 pm – 8:40 pm
エデユカス東京 5階B会議室, 日本、〒102-0084 東京都千代田区二番町12−1 全国教育文化会館エデュカス東京

イベントについて

2019年11月14日(木)午後6時〜8時40分 第15回研究会 横湯園子さん講演 「あらためて戦争神経症について考える」

地球平和憲章(案)では「戦争は人を狂わせます。人間性を奪うものです。」と訴えています。戦争に投じられた兵士たちの心がいかに無惨な壊れ方をするのか、いかにその回復が困難であるか、臨床心理学の立場から膨大な実例を踏まえ、戦争の非人間性を厳しく告発します 

【参考文献】

ジュデイス・ハーマン『心的外傷と回復』(みすず書房)

 加藤清『この世とあの世の風通し 精神科医 加藤清は語る』(春秋社) 

エイブラム・カーデイナー『戦争ストレスと神経症』(みすず書房)

 ハリス『海を渡るジュリア』(岩波書店) 

【​ビデオ】「隠された日本兵のトラウマ〜陸軍病院8002人の病症日誌〜」

https://www.dailymotion.com/video/x6xtupf

Sonoko YOKOYU

横湯園子

横湯園子 専門は教育臨床心理学(clinical educational psychology )                9

      臨床心理士 (clinical  psychotherapist) 1939年生まれ 

     日本社会事業大学 社会福祉学部卒         

     国立国府台病院児童精神科病棟児対象の治療的教育の場の教師を15年間勤務

 1965年 国立病院内の児童精神科病棟に、日本で初めて、学校恐怖症児童=現在の

     不登校児・生徒の教育を保障する院内学級が設置。

1970年から勤務し、最後の年、東京大学教育学部に都道府県派遣研究生として研究を

     まとめる。  『登校拒否 専門機関での援助と指導の記録』(あゆみ出版)

     に続き,『登校拒否 新なる旅立ち』(新日本出版社)としてまとめる。 

     千葉県市川市市教育センターの指導主事、国立精神神経センター・

     児童思春期部客員研究員を経て、大学に身を移す。 

     女子美術大学助教授、北海道大学教授、中央大学教授を務めた。

2010年3月定年退職。   

     北海道大学教育学部に新学問領域である教育臨床講座が設置.

     教育臨床心理学確立に努める。

  『教育臨床心理学』(東京大学出版会)

  『ひきこもりからの出発』(岩波書店)

  『魂の旅路』(岩波書店)

  中央大学においては教育臨床に関わる事柄をまとめ、専門家・研究者養成に努める。

   退職後も、求めに応じて困難事例のカウンセリング、治療、研修に関わっている。

  社会的には  

 ・子どもの権利条約 市民・NGO報告書をつくる会共同代表

 (Assoc. of Citizens  &  NGOs for Alternative Report UN.CRC 

  Co-President)  

 ・横湯園子教育臨床心理研究所  

 ・「女の平和」発起人、世話人代表

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア